· 

【エコキュート洗浄入門】(1)エコキュートの追い焚き配管の洗浄にもプロの風呂釜洗浄が有効

エコキュートの追い焚き配管の洗浄にも「プロの風呂釜洗浄」が有効です。

 

エコキュートはガスを使わず、夜間の安い電力を利用した給湯システムです。2001年から出荷が始まり、2015年には累計500万台を超えました。現在も安定的に年間40万~50万台を出荷しています。

 

家庭の給湯システムの選択肢として、エネルギー源の観点から見るとガスか電気かということになります。地球温暖化や災害に強いかなどの観点もありますが、マンションなどでは全体がオール電化をうたっていてエコキュートを導入している場合があります。前述した普及台数には、こういうマンション一括導入が含まれています。

 

ともあれ、家庭の給湯システムがエコキュートであるなら、それをうまく活用することをかんがえなければなりません。ガスと大きく異なる点は、温水および温水の元になる冷水(水道からの給水)をいったん貯湯タンク(貯湯ユニット)に貯めておくことです。

 

縦に長い貯湯タンクには上の方に温水(80度前後だから熱水というべき)が、下の方に冷水が貯まっています。両者は同じ水ですが、温度が大きく違って密度に差が付いているのでタンクの中で混じり合うことがありません。

 

問題はタンクの下部に貯められた冷水にあります。日中お湯を使ったり、夜間に下部の冷水をヒートポンプで温めて上部に移したりするときに冷水の入れ替わりがありますが、それ以外の時間帯は静かに貯まっているままになっています。

 

元が水道水とはいえ、貯められた水からはわずかとはいえ水垢が沈殿していきます。このため、エコキュートは23か月に1度程度、貯湯タンクの「水抜き」が必要になってきます。リモコン操作がけっこうたいへんですが、エコキュートを上手に使うためには水抜きが不可欠です。エコキュートの追い焚き配管の洗浄とともに貯湯タンクの水抜きもお忘れなく。