· 

【エコキュート洗浄入門】(3)プロの風呂釜洗浄の前に貯湯タンクを満タンに

プロの風呂釜洗浄は、ガス給湯器でもエコキュートでも追い焚き配管の洗浄を実施できます。ただしエコキュートの場合には「プロの風呂釜洗浄の前に貯湯タンクを満タンにしておいてください」とお願いしています。

 

エコキュートの追い焚き配管と浴槽とは、1つ穴と呼ばれる1箇所の沸かし口を介してつながっています。これはガス給湯器と同じです。ただしガス給湯器の場合はガスの火力によってお湯を温める一方、エコキュートの場合はタンク上部に貯めてある高温のお湯を使って冷めたお湯を温める方式です。温め方は異なりますが、浴槽のお湯が追い焚き配管内をグルグル循環する構造は同じです

 

エコキュートでは、夜間の安い料金で電気を使ってお湯を沸かしておきます。その場でお湯を沸かしながら使うのでなく、貯めておいたお湯を使うという仕組みです。ですから万が一使い過ぎてお湯がなくなったとしても、夜まで待つ必要はありませんが、必要な量のお湯を直ちに補充することはできません。

 

そこで、お風呂を洗浄するときなど、お湯をたくさん使用する予定がわかっているときは、事前にタンクを満タンにしておくと無難です。エコキュートをお使いの家庭から、プロの風呂釜洗浄の依頼が来たときは、事前に満タンにしておいてもらいます。

 

また、洗浄終了時点で、かなりお湯が減ってしまった場合、その日の夜の入浴のためのお湯を貯める時間が必要になります。したがって、エコキュートの場合は、なるべく午前中に作業を入れるようにしています。