【健康入浴】赤ちゃんのお風呂デビュー前に「風呂釜洗浄PRO」よる追い焚き配管の洗浄を

電話0800-700-9990 まずはお風呂の様子をご連絡ください



赤ちゃんがいるご家庭では、沐浴の時期が終わって一緒にお風呂に入れる時期を迎えます。その前に浴室の全面的な掃除・清掃をお考えになるでしょうが、忘れてしまいがちなのは「見えないトコロ」追い焚き機能があるお風呂やエコキュートの配管内です。しかも最も雑菌が繁殖している可能性がある場所です。

 

「自動洗浄付き」タイプであってもあくまでも水流を使っての洗浄ですので、配管内にこびりついた汚れ(バイオフィルム)がはがれてくれません。気泡の力を借りる以外、配管内壁に付着した汚れをはがす実績に乏しいようです。

 

追い焚き配管の中はどうやって洗浄すればいいでしょうか? まずは、自宅の追い炊き機能がどういったタイプなのか、具体的には浴槽に穴は一つか二つか調べてください。

 

穴が一つの場合は、長い配管内を専用ポンプを使って強制的にお湯を循環させるタイプです。市販の洗浄剤では長年こびりついた汚れをはがす力が弱いので、除菌サービスセンターの「風呂釜洗浄PRO」にご依頼ください。「風呂釜洗浄PRO」では独自の洗浄剤と気泡を活用してこれに対処します。

 

穴が二つの場合は、自然の循環にまかしてお湯を沸かすタイプです。長い配管を使っていないことが多いです。強制的に循環させるわけではないので、洗浄剤や泡を吸い込む力が弱くて「風呂釜洗浄PRO」をそのまま使うことができません。しかし、いくつも風呂釜を洗浄してきた経験を活かして、現場に応じた対応ができますのでご相談ください。 

 

もし自宅のお風呂のタイプが分からない場合はお電話ください。何点かうかがえばタイプを特定して、それに応じたアドバイスを差し上げます。 

アトピー性皮膚炎について知っておいてほしいこと

アトピー性皮膚炎とは

 

アトピー性皮膚炎は、誰にでも起きる皮膚病ではありません。アトピー体質の人に出る全身性の湿疹です。大部分は生後1~2か月に始まります。痒みが強く、そのため皮膚をひっかくと悪化し全身に拡がっていきます。多くは5~6才の学童期に良くなってきますが、思春期か成人期まで続くこともあります。

 

親の役割

 

アトピー性皮膚炎は、生活環境のいろいろな刺激を受けて、それが悪化の原因となることがあります。例えば、食事、家の中のほこり、ダニ等。従って、家庭環境を医師に報告しながら、毎日の疑問を積極的に医師に相談していくことが大切です。

 

入浴

 

以前はこれらの病気は入浴してはいけない。石鹸はアルカリ性だから、湿疹を悪くするという考え方でした。しかし現在は考え方が変わって、入浴しないで垢がたまってきたらかえって皮膚を悪化するから、入浴したほうが良いといわれています。

 

石鹸

 

石鹸の条件としては、①水に溶けやすい事、洗い流しやすく、仕上がりがうまくいく事、②人工乳化剤とか、色、香りが強くないもので皮膚に対する刺激の少ないもの、です。

 

汗をかいたら

 

汗をかいたら汗が皮膚の中にしみこんで、このとき痒みが増してきます。しかし子供は外でたくさん遊んで汗をかくのは仕方がないことです。汗をかいたら、その都度入浴して、体をきれいに洗い流してあげてください。