· 

【プロの風呂釜洗浄・再入門】(2)これがなければ、きれいな風呂につかれなかった? 細くて長い追い焚き配管の中を洗浄する新手法とは

「風呂釜」とは、浴槽に貯めたお湯を沸かす機器のことです。かつては浴室内で浴槽の横に取り付けてあることが普通でした。その分浴槽が小さくなります。バランス釜と呼ばれるタイプです。

 

バランス釜では、自然に起きるお湯の対流を利用して浴槽のお湯全体を温める方式でした。浴槽には上下2つの穴をあけたので2つ穴と呼ばれます。

 

ガス給湯器(1つ穴)タイプの追い焚き風呂が主流

 

浴室内に設置する風呂釜では、浴室内で場所を取ることや、 制御基板が浴室内の湿気に耐えられずに誤動作や故障を起こすことが多いために、現在では屋外壁掛け式のガス給湯器が主流となっています。浴室から風呂釜がなくなって、台所や洗面所でお湯を出せる、住まい全体を包み込むとても便利なシステムでした。

 

しかし、その裏側の目に見えないところでは、大変なことが起こっていました。

 

 壁掛け式のガス給湯器にも追い焚き機能が付いて、ポンプの力で浴槽から水を吸い上げ、給湯器内部で温めて浴槽に戻すことが可能になりました。このとき使用する配管が「追い焚き配管」です。それを絵に書いてみました。「水」が浴槽から吸い込まれて青色の管を通って給湯器(風呂釜)へ到達し、そこで温められて、赤色の管を通って浴槽へ戻ってきます。

 

「水」吸い込み用(図では青色の管)、「湯」吐き出し用(図では赤色の管)の二つの管の口が、浴槽において近い場所に設けてあるので、浴槽にあける穴が1つですみます(1つ穴と呼ばれます)。

 

絵を見て、これら青色の配管と、赤色の配管が長くなっていることを想像してください。実際10メートルを超えることもよくあります。そして実際細いです。現在合成樹脂製が主流の追い焚き配管では内径13ミリほど、外径23ミリほどです。

 

ガス給湯器が浴槽の近くにあれば、この追い焚き配管が短くてすむのですが、実際は両者の設置場所が離れていることが多くなっています。戸建てであればお風呂を2階に作ることが増えています。追い焚き配管が長くなり、しかも壁に沿って設置しないといけないため、折れ曲がり箇所が多くなります。

 

細くて長いということは、管の中を流れる水またはお湯の流速が早くなるので、当初、配管内部に汚れがつかないと言われていました。ところが、「プロの風呂釜洗浄」によってあちらこちらで配管の洗浄が行われた結果、のきなみ汚れが築盛している実態が明らかになりました。 

 

実態としては、この細くて、長くて、折れ曲がり箇所が多い配管では、湯垢などが混じったお湯が繰り返し通過するうちに、追い焚き配管の内壁に汚れが付着していたのです。

 

プロの風呂釜洗浄」とは、壁の中や床の下に設置された状態のままで、細い管の中を洗浄することができる技術と言えます。

 

 [料金表] [サービス地域] [プロの風呂釜洗浄ガイド・トップ] [ブログ・トップ]