長くて細い「追い焚き配管」とは?  これが雑菌の巣になっています

「風呂釜洗浄PRO」とは、追い炊き配管の「除菌サービス」です!

電話0800-700-9990 まずはお風呂の様子をご連絡ください ◇料金割引キャンペーン実施中◇

浴室は湿気が多いし、人体の汚れを落とす場所ですので、使っているとどうしてもいろいろなところが汚れてきます。その際、浴室内の見えるトコロやモノに対してなら、ハウスクリーニングを頼めばまるごと掃除してくれます。

 

しかし、通常のハウスクリーニングの対象に含まれていないのに、実は最も雑菌が繁殖している可能性があるトコロがあることをご存知ですか?

 

 浴槽の内側にあいている穴につながっている、「追い焚き配管」の中です。「循環口」と呼ばれているこの穴は見た目は一つに見えますから「1つ穴」と呼ばれています。お湯張りや追い炊きをするとき、この穴から温いお湯が出てきます。

 

実は追い焚きをするとき、風呂釜で温めたお湯を浴槽に戻しつつ、浴槽のさめたお湯を吸い込む両方を行っています。したがって、お湯の吐き出し用の配管(ホース)と、吸い込み用の配管とが、2本ペアになって働いています。

 

このペアホースが「追い炊き配管」です。この内壁がたいへん汚れていて、雑菌が繁殖していることがわかってきました。

電話0800-700-9990 まずはお風呂の様子をご連絡ください

温め直す際、追い焚き配管には、湯船から汚れたお湯を吸い込みます

 

湯船につかった人体から出てきた皮脂などの汚れを含んだお湯が、追い焚き運転中、浴槽と給湯器の間を結んでいるこの追い焚き配管を通り続けますので、汚れ(雑菌)がお湯から配管の内側に付着してしまいます。そして時間ともに増殖します。

 

追い焚き配管は壁の中や床下を通されて、離れた場所に設置してある給湯器に到着して、再び浴槽まで戻ってきます。給湯器の内部に入っていくところで、配管の一部を見ることができますが、全長のうちほとんどは壁の中や床下を通っているので見ることができません。

 

この見えないけれど、直接お肌に接するお湯の通り道「追い炊き配管」に対して、有効な洗浄技法としてマイクロバブルを活用した「風呂釜洗浄PRO」が開発されました。

 

「風呂釜洗浄PRO」は雑菌を「殺菌」するのではなく、取り除くことによって(「除菌」して)解決します。

 

ある日、配管から黒い汚れが出始めたときなど、迅速に予定を入れることができるように、除菌サービスセンターでは、風呂釜の追い炊き配管にしぼって洗浄サービスを提供しております。

 

【追い焚き配管の仕組み】かつてはバランス釜(2つ穴)が主流だった追い焚き風呂

風呂釜とは、浴槽と繋がっているお湯を沸かす装置です。かつては浴室内の浴槽の横に取り付けてあることが普通で、バランス釜と呼ばれるタイプが主流でした。このタイプは、見るからにお湯を沸かす釜というイメージでした。

 

バランス釜ではポンプを使わず、お湯の対流を利用して、自然に浴槽のお湯全体を温める方式でしたから、【A】図のように浴槽に上下二つの穴をあける必要がありました(2つ穴と呼ばれます)。

現在はガス給湯器(1つ穴)タイプの追い焚き風呂が主流

浴室内に設置する風呂釜では、浴室内で場所を取ることや、 制御基板が浴室内の湿気に耐えられずに誤動作や故障を起こすことが多いために、現在では屋外壁掛け式のガス給湯器が主流となっています(【A】・【B】図を比較)。

 

壁掛け式の給湯器にも追い焚き機能が付いて、ポンプの力で浴槽から水を吸い上げ、給湯器内部で温めて浴槽に戻すことが可能になりました。このとき使用する配管が「追い焚き配管」です。「水」吸い込み用(図では青色の管)、「湯」吐き出し用(図では赤色の管)の二つの管の口が、浴槽において近い場所に設けてあるので、浴槽にあける穴が一つですみます(1つ穴と呼ばれます)。

 

ガス給湯器が浴槽の近くにあれば、この追い焚き配管が短くてすむのですが、実際は両者の設置場所が離れていることが多いため、追い焚き配管が長くなり、しかも壁に沿って設置しないといけないため、長いほど折れ曲がり箇所が多くなります。

 

この細くて、長くて、折れ曲がり箇所が多い配管を、湯垢などが混じったお湯が繰り返し通過するうちに、追い焚き配管の内壁に汚れが付着していくことになるのです。

 

その汚れの正体が雑菌なのです。


追い焚き配管の汚れと洗浄

風呂釜とは、浴槽と繋がっているお湯を沸かす装置のことです。風呂釜の配管に汚れが溜まってくると、湯沸かしや追い焚き時に浴槽内に汚れが流れてくるようになります。 ワカメ状のヌメリが出てきたり、黒い汚れが出てきたりすれば、風呂釜の洗浄が必要です。 

 

浴槽内に溶け出す汚れは、人の皮脂、水垢、入浴剤の成分と細菌・微生物が合わさったものです。 浴槽に発生しやすい菌(大腸菌・サルモネラ菌・レジオネラ菌等)は、人の皮脂や水垢、入浴剤の成分をエサに増殖します。 これが「ヌメリ」の原因です。 

 

レジオネラ菌が特に注意が必要です。空気中に飛散された霧状の菌を吸い込むことで、気管や肺に感染症を引き起こします。実際にこの菌が引き起こした感染症による死亡事故も報告されています。

 

赤ちゃんや高齢者、妊婦など抵抗力の弱い方は雑菌に対して注意が必要です。

 

風呂/エコキュートの追い焚き配管は、1か月に一度くらいの市販洗浄剤を使った洗浄が汚れの蓄積を抑えてくれます。 そして1年に一度、風呂釜洗浄PROで徹底洗浄することをおススメします。

細くて長い追い焚き配管の内部が汚れたら雑菌風呂になってしまう

お風呂につかるという日本人の習慣に適しているので、お風呂の追い焚き機能を使っている人は多いと思います。その際、追い焚き風呂がお湯の衛生面については優秀とは言えないという現実を知った上で、お使いださい。

 

一つ目の注意は、また沸かせばよいため、たとえば夜に入浴した後、お湯を浴槽に溜めたままにしておくことに対してです。

 

こうすると翌朝までに雑菌はどんどん分裂を繰り返します。衛生微生物研究センターによる検査では100万倍になったケースがありました。まさに一晩で雑菌風呂になってしまうわけです。

 

二つめの注意は、追い焚き配管(パイプまたはホース)そのものに対してです。追い焚き配管はそれなりの長さになっているため、配管の中に残り湯が溜まって雑菌が繁殖してしまいます。

 

この追い焚き配管の内部というのは、浴槽とちがって日頃洗浄することができないトコロなので、最も汚れた場所になってしまいます。。

 

雑菌の種類としては、大腸菌、ブドウ球菌、緑膿菌等のほか、死亡に至る肺炎を起こすこともあるレジオネラ菌が見られることがあります。すべての雑菌が健康によくないわけではありませんが、雑菌を選ぶことができないので、雑菌全体の繁殖を抑えるしかありません。

 

そこで、追い焚き機能を使うのであれば、毎日お湯を入れ替えるとともに、追い焚き配管の洗浄を、定期的に行うことが必要になります。

 

定期的な配管洗浄・除菌において、配管の汚れを徹底的に落とす場合は、およそ年1回をめどに「風呂釜洗浄PRO」の技術を持った風呂釜(配管)洗浄業者にご依頼ください。さらに、市販の洗浄剤には汚れの進行を抑える効果がみられますので、月1回ほどのペースで使うことをおススメします。

 

追い焚き配管はパイプからホースへ

 

追い焚き配管等「配管」というと材質が金属であろうと思い込んでしまうかもしれません。確かに以前は銅製のパイプが多く使われていました。

 

 しかし、現在は樹脂製のホースが使われることが多くなっています(写真参照)。内径が10~15ミリほどで、長さの上限が片道10~15メートルです。追い焚き配管が細くて長いことを実感していただけたでしょうか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お湯を張ると、湯垢や黒いツブが追い焚き口から出て来る・・・。こんなときはすぐ、私ども除菌サービスセンターのような「風呂釜洗浄PRO」業者に配管洗浄のご依頼を。